新卒採用サイト

MENU

技術力やコミュニケーション力を磨き、念願のプロジェクトリーダに。

野田坂 佳

社会システム事業部
2011年入社/機械システム工学部卒

We are Engineer

入社動機とこれまでの仕事について 入社動機とこれまでの仕事について

大学4年目にハード制御の研究に携わったことで、ソフトウエアの面白さを知りました。自動学習していく様が、まるで生きているように感じたのです。ただ、就職活動では漠然とソフトウエア業界を志望していたため、1社に絞ることに苦労しました。そんな中、当社は独立系で幅広い事業領域の仕事に挑戦でき、さらに電界通信や近距離無線通信といった最先端技術に取り組んでいることを知り、魅力を感じたのです。入社後の研修では、知識も経験も性格も異なるメンバーが力を合わせて一つの課題に取り組む難しさ、面白さを学ぶことができました。研修後に実務として初めて参加したのは、世界中で販売されている“印刷工程を管理するシステム”のプロジェクト。ここで設計やプログラミングなど、システム開発に携わる技術者としての基礎スキルを身に付けることができたと思います。4年目からは開発業務と並行して、プロジェクトリーダ業務の一部を引き継ぎながらプロジェクト管理についても学び始めました。

現在の仕事内容とやりがい 現在の仕事内容とやりがい

6年目となる現在は技術者として上流設計から実装までの遂行を担当するだけでなく、少人数のチームではありますが、プロジェクトリーダとしてスケジュール管理からメンバーへの業務割り振り、リスク管理まで、製品の品質を確保するための施策の検討と実施を任されています。入社以来ずっと技術者として関わっていく中で、「自分がリーダになったら、こういった方法も試してみたい」という思いも持ち始めていただけに、このプロジェクトのリーダ業務を任された時はうれしかったですね。プロジェクトへの愛着も一層深まりました。また、私自身がこの仕事を通じて一番やりがいとして感じるのは、チーム一丸となって「良いモノを作りたい」という一つの目的に向かって取り組めること。エンジニアは各々が自分の考えに誇りを持っているので、意見がぶつかり合うことも少なくありません。しかし、その結果としてより良い製品が完成し、システムが作動した時の達成感は他に変えられないものがあります。実際、私自身がシステムのある一部分の設計を任された際に設計責任者から全くOKが出ず、苦しんだ時期がありました。10回は出し直したと思いますが、途中から「負けるもんか」と吹っ切れ、俄然やる気が湧いてきたのです。最終的には自分が任された部分だけでなく、追加提案した改善案も受け入れられ、設計責任者に「任せてよかった」と言ってもらえたときは、あきらめず挑戦し続けて本当に良かったと思いました。

今後の目標と会社の魅力 今後の目標と会社の魅力

現在はまだ小規模なプロジェクトのリーダですが、携わっている仕事の評価を上げながら、担当するプロジェクトの規模を少しずつ大きくしていきたいと考えています。そのためにも様々なプロジェクトリーダの進め方、考え方をもっと吸収していきたいですね。当社にはプロジェクトリーダを担当する社員たちが自ら立ち上げた勉強会があり、そこで他の事例を共有したり、刺激をもらったりしています。また、当社の魅力はチャレンジすることに対して先輩や上司が積極的にサポートしてくれること。私自身も入社当初から「リーダ業務をいつかやりたい」と言い続け、早い段階から挑戦する機会をいただくことができました。自分の思いがあれば、成長したい方向に一直線に進める会社です。さらに、資格取得の支援をはじめ、教育も充実しているので、自らできることを広げながら、自分の進む道を考えることができます。

これまでのキャリア