新卒採用サイト

MENU

PROJECT 02

電力自由化を支えるシステム改修。チームとしてどう成果を出すか。 電力自由化を支えるシステム改修。チームとしてどう成果を出すか。

橋本 悠太郎

社会システム事業部
2010年入社/工学研究科卒

大学では量子エネルギー工学を専攻。卒業論文で加速器の自動化システムの開発に取り組む。その際、自分で考えた仕組みを実際に形にできるソフトウエアに可能性を感じ、就職活動ではIT系の会社を志望。独立系のため幅広いフィールドで社会貢献できること、教育制度が充実しており、実際に技術を習得しつつ人財を育てていることに魅力を感じ、当社に入社を決める。

The Real Project
電力自由化に伴う、社会システム改修プロジェクト 電力自由化に伴う、社会システム改修プロジェクト

2016年4月に家庭などに向けた電力小売りの全面自由化がスタート。これによって消費者は従来の地域ごとの電力会社だけでなく、様々な会社の電気料金プランを自由に選べるようになった。そして、この新しい仕組みの開始に伴い、その仕組みを支える社会システムの改修が進められた。アドソル日進でもパートナ企業と組み、いくつかのシステム改修プロジェクトを担当。今回は、その中の一つのプロジェクトにスポットを当て、社会インフラを支える技術者の仕事の魅力を紹介していく。

このプロジェクトに参加した時の気持ちを教えてください。

アドソル日進では以前から、ガスや鉄道といった社会インフラを支えるシステム開発には豊富な実績がありました。そうした実績を評価され、今回のシステム改修にも関わることに。ただ、電力会社のシステム開発自体私にとっては初めての挑戦でした。さらに、今回は短い周期でのリリースが求められ「チャレンジ」という言葉がぴったりのプロジェクトでした。ちなみに、私が携わったプロジェクトをもう少し詳しく説明すると、電力の「託送システム」に関わるシステムの一部である「帳票システム」。電力自由化に伴って参加する新しい電力会社が、既存の電力会社の送電線を実際にどのくらい使っているかという数字を測り、帳票として出力するシステムです。

このプロジェクトに参加が決まった時の気持ち、その後の役割は?

もともと新しいことに取り組むのが好きだったこともあり、このプロジェクトのリーダから声が掛かった時も「また新しいことに挑戦できる」といった気持ちでした。また、このプロジェクトにおける私のポジションはサブリーダでしたが、その役割は仕様調整から設計・技術調査。お客様から要件を聞き出し、どのようにすればお客様の要件が実現できるのか、そのための技術を調べて、チームのメンバーに実現方法を教えていくのです。時にはメンバーの進捗を管理することもあり、プロジェクトでは常に状況に応じた臨機応変な行動力が求められました。

プロジェクトを進めるうえで苦労した点、うれしかった瞬間は?

苦労した点はいくつかありますが、システム全体の仕様の決定が遅く、先行して作った部分の再修正が多くなったこと。またリリースの周期が短く、様々なタスクを並行して走らせるためのスケジュール管理はとくに苦労しました。その中で、技術的なことだけでなく、自分たちが関わるサービスや仕組みそのものについてもできるだけ事前に調べ、お客様との打合せでは単なる御用聞きではなく、相談相手が務まるように常に心がけましたね。逆に、最もうれしかった瞬間は、自分の作ったツールでプロジェクト全体の生産性向上につながったことです。プロジェクトに新しく入ってきたメンバーがすぐ仕事に取り掛かることができ、かつ品質を保つことができるように、コーディングをアシストするツールや自動で開発環境を整備するツールなど、自分なりに考え、用意していきました。やはり1人でできることには限界があります。チームとしていかに成果を出すか。プロジェクト全体をどうスムーズに動かすかという視点が大切だと思うのです。新人の頃は自分のタスクだけで精一杯でしたが、自分なりに修練を重ね、これまで習得してきた技術や知識がプロジェクトの遂行に反映されていると実感できた時は達成感がありますね。さらに、現在携わっているプロジェクトは、一般家庭にも直接影響する社会システムです。そうしたシステムに自分が携わっていると思うと、やりがいも大きくなります。

このプロジェクトの未来、あなた自身の今後の目標を教えてください。

電力自由化により、それぞれの家庭で自分たちの暮らしや考え方に合った電力を自由に選べるようになりました。今後は技術の進歩を採り入れていくことで、電力システムはもっと進化し、ますます電力サービスの質が上がっていくと思います。その進化の一端を、自分自身が担うことができたらと考えています。そのためには、日々進化する技術を常に採り入れ、どのプロジェクトに参加しても活躍できる技術のスペシャリストになること。そして、いずれは自分自身の作ったもので世界を驚かせたい。多くの人を幸せにできたらと考えています。

アドソル日進の、ここが魅力!

まず、先輩方の技術力が高いと思います。セキュリティやIoTの分野では世界的に見ても最先端の技術に取り組んでいる先輩たちが多くいます。地方出身の人も多いせいか素朴な人が多く、やさしく教えてもらえるのも魅力です(笑)。また資格取得を奨励しており、自身の技術を高める機会にも多く恵まれています。資格取得の報奨金もかなり高く設定されているため、同業他社の方からうらやましがられることもあります。情報系でないからと思っている方でも、イチから学べる環境が整っていますので、やる気さえあれば大丈夫です。