STEP UP人財育成

アドソル日進の人財育成システム

“一人ひとりが輝いて”をモットーに、
スキルアップにチャレンジ

当社は、システム開発を生業とする企業として、人財こそが最も重要な資産であるとの認識のもと、
人財育成に注力しています。
新入社員を中心に、入社後の教育研修や資格取得等の人財育成に加えて、4~5年先輩の社員を
マン・ツー・マンで付けることにより、成長の加速を図っています。
「技術力の見える化」を推進し、社員の技術習得に熱心な風土が定着したこともあり、
技術保有の証となる資格取得においては、業界でもトップクラスです。
こうしたことから、当社は業界内でも技術力の高い企業であると認知され、高付加価値サービスの
提供、さらには、新しい領域への取組みや新規顧客の開拓にもつながっています。

教育体系図

新入社員教育

【ビジネス入門教育】、【技術教育】、【OJT】によって社会人としての基礎的なマナー、知識を身に付け、また、業務を行っていく上でベースとなる技術的な基礎知識を習得して、業務の進め方を身に付けます。

  1. 入社前 11月頃~3月末
    【入社前教育】

    新入社員研修の事前準備として、希望者にはe-ラーニング等を活用したITシステム開発の基礎学習や、英語研修等の受講ができます。

  2. 入社1年目

    4月~5月(東京本社)
    【入社式】
    式典、組織紹介等
    【ビジネス入門教育】(約2週間)
    会社の制度・規則、コンプライアンス教育(ISMS・インサイダー)、報告・連絡・相談、ビジネス・マナー、ネイティブ英会話
    【技術教育】(約6週間)
    プログラミング基礎、プロジェクト疑似体験、IT展示会視察
    6月~3月末 【OJT(オンザジョブトレーニング)】
    仕事の現場で、業務に必要な知識や技術を習得します
    10月末と3月末の年2回【OJTフォローアップ研修】
    東京本社にて集合研修を実施します
  3. 2年次・3年次 【OJT】

    社会人(技術者)として、独り立ちするための実践教育を業務を通じて実施します

海外留学制度

アドソル日進の社員として、海外の大学へ留学することができます。中堅以上の社員を対象に、本人希望及び成績・能力により選抜された社員が参加します。この研修により、グローバル戦略を担うための能力である、コミュニケーション力(語学力)、異文化対応力、主体性・実行力を身に付けることができます。

海外研修制度

海外でビジネスを学ぶコースや、海外で語学・専門知識を学ぶコース等を整備しています。1週間程度の短いものから1年を越える長期に及ぶものまで様々なメニューが用意されています。当社の100%子会社である、米国サンノゼR&D センタ(シリコンバレー)での研修も実施しています。

英会話教室

社内で、ネイティブ講師による英会話教室に参加することができます。社員同士で切磋琢磨しながら海外で活躍するための英語を学ぶことで、常にグローバルな意識を持てるようになります。